ポリイミドフィルムについて知っておくべきこと

Facebook
Twitter
LinkedIn

ポリマーでできたフィルムの一種をポリイミドフィルムといいます。 これらのフィルムは、優れた機械的、電気的、熱的特性を持つことで知られています。 それらは、半導体処理、医療機器、航空宇宙、防衛など、多くの分野で適用されています。 このブログ記事では、ポリイミド フィルムの開発、用途、製造プロセスについて説明します。 また、当社の事業とサービスの概要についても簡単に説明します。

ポリイミドフィルムはどのくらいの期間使用されていますか?

最初のポリイミド フィルムは、1940 年代にデュポンの化学者である Dr. Herbert Boynton によって作成されました。 航空機エンジン用の耐熱ポリマーの開発プロジェクトに従事。 長年の研究の末、ついに300℃まで耐えられるポリイミド樹脂の開発に成功。 続いて、この樹脂を用いて第1のポリイミドフィルムを製造した。

ポリイミドフィルムにはどのような用途がありますか?

ポリイミドフィルムは、その特性から開発当初からさまざまな産業で使用されてきました。 たとえば、高温や機械的ストレスに対する耐性があるため、航空宇宙や防衛用途で頻繁に使用されています。 それらは、半導体の処理における誘電体材料として頻繁に利用されます。 ポリイミドフィルムは、インプラントや人工装具などの医療機器にも頻繁に使用されています。

ポリイミドフィルム

ポリイミドフィルムの製造工程とは?

重合は、ポリイミドフィルムを作成するために使用される方法です。 小さな分子、またはモノマーは、このプロセス中に結合して、より大きなポリマーを作成します。 ポリアミック酸は、ポリイミドフィルムの場合に使用されるモノマーです。 ポリアミック酸は、製造プロセスの一環として、最初に反応して長鎖を形成します。 最終的なポリイミドフィルムは、熱を使用してこれらの鎖を架橋することによって製造されます。

PAA 溶液を作成するために、ポリイミド モノマーは具体的には、製造プロセスの最初に重縮合のために重合反応器に送られます。 自己支持性 PAA フィルムを作成するために、溶液を脱気し、加熱した回転スチール ドラム上で連続フィルムにキャストします。

ポリイミドフィルムのモノマーとは?

合成高分子ポリイミドは、さまざまな製品に使用されています。 非常に耐久性があり、化学物質と高温の両方に耐性があります。 自動車部品から航空機部品まで、あらゆるものをポリアミドで作ることができます。 この適応物質の基本成分はポリイミドモノマーです。 2つの繰り返し単位からなるモノマーの特徴的な構造により、ポリイミドは優れた品質を備えています。 ポリイミド モノマーは、それぞれが固有の特性を備えた多数の他のポリマーの製造にも使用できます。 その結果、この適応可能なモノマーは、さまざまな商品の重要な構成要素となっています。

ポリイミドフィルム

中国のポリイミドモノマーのトップメーカーは Daken Chemical. 10 年以上のポリイミド モノマーの経験があります。 最高の製品と顧客サービスを提供することに専念し、小さなフィルムのお客様にサービスを提供しています。 当社の事業やサービスについて詳しく知りたい場合は、お気軽にお問い合わせください。 ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 お時間をいただきありがとうございます。すぐにご連絡をお待ちしております。

関連記事

液晶エラストマーアクチュエータについて:知っておくべきこと
3Dプリントエラストマー:用途と未来
知っておくべき電子化学物質の種類
Dakenchem からの Rm23 Lcd ケミカルの紹介
R6M Rm82 Daken からの完全な紹介

研究室紹介

Play Video about daken chem labratory

お問い合わせ

当社のカスタムファインケミカルサービスの詳細については、すぐに お問い合わせください !

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!
Scroll to Top

Thank you  for your submission, your message was submited successfuly, we will contact you within 24 hours!