半導体化学サプライヤー: 半導体について知っておくべきこと

Facebook
Twitter
LinkedIn

電気化学薬品は、通常、電子産業の特殊化学薬品および化学薬品を指します。 それらは一般に、電子部品、プリント回路基板、さまざまな化学薬品、産業用機械の製造および包装用の材料です。 私たちはプロの半導体化学サプライヤーです。この投稿では、半導体に関する詳細情報を共有します。

半導体化学サプライヤー

半導体ケミカルとは?

半導体の化学物質を知る前に、まず半導体の材料を見てみましょう。 半導体材料は、半導体の性質を持つ電子材料の一種です。
そして一般的に、導電率は導体と絶縁体の間です。 材料の抵抗率は約1mΩ・cm~1Gなので、通常は半導体デバイスや集積回路です。
半導体材料は通常単結晶材料であり、ガリウム砒素としては良くありません。 また、電気化学物質は、より純粋な結晶材料を取得し、パフォーマンスを向上させるのに役立ちます.

半導体製造で使用される化学物質

化学物質は半導体の性能を向上させることができるため、主な電気化学物質はトリクロロエチレン、アセトン、イソプロパノール、および変性エタノールなどの他のアルコールです。 以下は、通常使用される化学物質のリストです。

  • シクロヘキサノン CAS NO. 108–94-1
  • プロピレングリコール モノメチルエーテル CAS NO. 107–98-2
  • プロピレングリコール モノメチルエーテル CAS NO. 107–98-2
  • カーボンブラック CAS NO. 1333–86-4
  • Gamma-butyrolactone CAS NO. 96–48-0
  • 硫酸 CAS NO. 7664–93-9

電気化学の主な半導体材料市場は?

シリコンウェーハは一種の半導体材料であり、その材料は結晶シリコンであり、集積回路の製造における重要なコンポーネントです。 そしてその用途は、マイクロエレクトロニクスデバイスの一種の基板です。 シリコンウェーハの主な用途は、コンピューターやスマートフォンなどの電子デバイスの構成要素です。 その他のサービスは、タイヤ空気圧システムと太陽電池にあります。 集積回路とソーラー市場の成長は、シリコンウェーハ市場の成長をもたらします。

Dakenchem について – プロの半導体化学品サプライヤー

当社ダケンケミカルは1983年にファインケミカル合成を開始しました。 38 年の開発で、私たちは 27 人の若い技術チームを構築しました。 博士号取得者は 6 名、化学科修士号取得者は 9 名です。
約 61 の国家および地方のプロジェクトがあり、29 の特許、116 の論文、および政府から 12 の賞を獲得しています。

半導体化学サプライヤー 1

半導体化学における当社の強みは何ですか?

当社は、ポスドク研究プログラム研究室を有する鄭州大学と協力関係にあります。 私たちのR&D能力は他とは一線を画しています。
私たちの研究開発能力に加えて、当社は品質管理システムも開発しました。 製造手順全体で QC システムを監査するための QC パンフレットと関連プロファイルがあります。

私たちの半導体は主に性能材料, カスタム合成については、製品ページにアクセスして詳細をご覧ください。

Products

 

Custom Synthesis

私たちの研究室のビデオをチェックしてください:

半導体薬品のサプライヤーをお探しの場合は、以下のフォームからご連絡ください。 24時間以内にご連絡いたします。

 

関連記事:

知っておくべき電子化学物質の種類

Related Products:

CAS NO.562-90-3

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!
Scroll to Top

Thank you  for your submission, your message was submited successfuly, we will contact you within 24 hours!