反応性メソゲンとは? ダーケンケミカルより

Facebook
Twitter
LinkedIn

反応性メソゲン (RM) は、効果的な停止基を含む軟化した明快なメソゲンであり、紫外線 (UV) 光の下で多くのものが一緒に重合可能です。 RMS には、薄化された結晶 (LC) に関する固有のアプリケーションがあります。つまり、自己組織化、異方性の光学特性、誘電特性、および処理された配向層に関する管理された配向です。 同時に、それらは固体物質に従って重合したままであり、薄い透明な配列または異方性の残留物が保持されている可能性があります。 RM反応性メソゲンによる幅広い機能が提案されていますが、完全に接合機能に基づいて開発されています。特にディスプレイアプリケーション間のメソゲン崇拝と重合です。

RM Chemicals製品とDaken Chemical

反応性メソゲンに関するアプリケーション?

ショー ガジェット間の RM 物質に関する機能は、iii 種類に分類できます。 forward kind は RM に関する用途なので、レギオン LC 用の追加ファブリックです。 ここで、RM は軍用 LC の安定化と強化に合わせて慢性的です。 発生している例は、ポリマー持続垂直整列 (PSA) 怒りです。

追加RMの若い合計は、基板に関する重合表面コミュニティをタイプし、民兵LCの傾斜パスを記憶します。 その結果、よく知られているPSA怒りは、光透過率または再結合時間に関するフレーズ内で全体的なパフォーマンスの拡張を示しています.

もう1つの一般的な例は、重合ブルー相モードです。 ブルー フェーズ カラー ライト クリスタル ショー (LCD) は、お粗末なネマティック LCD にいくつかの恩恵をもたらします。 これには重要な制限があります。 ただし、ネイビー ブルー相は、温度に関するスリムな長さの内側でのみ安定しています。 この手間は、RM より若い凝集体を使用してブルー相の形状を安定化することで解決できます。 重合されたブルー相モード LCD は、広い温度範囲で熱烈な永続性を備え、効率的に検証されています。.

RM ソフトウェアに関する 2 番目の種類は、強制 LC の使用を禁止する固化された RM 映画です。 RM は不可欠な布であるため、光開始剤と添加剤を追加する必要があります。 その程度のポリマービデオが機械的伸びを使用して確立されているのとは異なり、RM 映画に関するオプティカルホームは、RM 分子に関する配列に依存して、さらにさまざまな状態を維持できます。

RM 分子の性能は、光学特性の復元を模倣して RM 分子が重合される前に、流体 LC ルーラーに任意に管理されたままです。 したがって、事前に設計された光学的異方性でありながら空間的な区分化により、いくつかの特別な種類の RM 映画が、異常なクマの目的でありながら使用されます。つまり、光学修復フィルム、選択的シェード反射板、3 次元 (3D) ディスプレイのための異方性マイクロレンズ、パターン化されたリターダー、光学言語交換などです。 デバイス、またはホログラフィック フィルム。

反応性メソゲンの 3 番目のタイプは、有機エレクトロニクスの強化用です。 配列された動作可能なメソゲン発光材料は、有機発光ダイオード(OLED)ユニットのアウトカップリング効率の改善に合わせて開発されました 。 整列したRMポリマーは、天然の薄膜トランジスタ(TFT)ユニット内の電極および異方性導電性として熟成されていました。 RM は、感光性エラストマー、ホログラフィック フィルム、トポロジー研究など、ディスプレイ以外のアプリケーションでも広く慢性化しています。

その論文では、実用的なビデオとしてのRMに関するサービスがレビューされています。 アカデミック セクターでは、RM を追加した LC 物質、次に有機エレクトロニクス、RM 材料の使用が非常に集中的によく知られていることが十分に文書化されています。

機能性 RM フィルムは、多くの場合、テクノロジー分野に精通しています。 ただし、それらの重要なルックアップの結果は、それらのアプリケーションにもかかわらず、もはや十分に文書化されていません. RM フィルムは現在、溶融結晶ディスプレイ (LCD) だけでなく、OLED ディスプレイ、量子ドロップ発光ダイオード (QLED) ディスプレイ、可視現実ディスプレイ、プロジェクターなどの他のディスプレイでもスタンド エージングを行っています。 したがって、RM フィルムの意図に関するコメントは、すべてのディスプレイ分野の研究者にとって有益です。 化学薬品の詳細については、次の Web サイトをご覧ください。OLED中間体LCD中間体。

メソゲンに属する平均 RM 数は?

RMモノマーの化学構造は、通常、メソゲンコアグループと光重合可能な終了グループでコンパイルされます。 コア クルーは、カラミティックまたは円盤状の薄化された透明モノマーのいずれかを実行します。これは、RM アライメント内でらせん変形を開始することを模倣してキラリティーを保持する可能性があります。 末端基は通常、問題なく重合されるアクリル基またはメタクリル基です。 ただし、重合可能な乗組員は使用される可能性があります。

アクリルへの重合プロセスはまだ満たされていないアクリル酸の作用は、一般に、重合反応を促進する O2 に関する労力を最小限に抑えるために、N2 エコシステムの下で行われます。 寿命の長いアクリレート官能基を含むジアクリレート型 RM モノマーは、強力な RM ネットワークを形成するために使用されます。 LCD デバイスにエージングされた LC の組み合わせと同様に、通常、いくつかの RM 化合物の混合物が実際の目的にエージングされます。 RM の混合物を溶解して RM 回答を作成します。モノマー ジクロロメタンおよびジクロロメタンなどの有機溶媒中。

研究室紹介

Play Video about daken chem labratory

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!
Scroll to Top

Thank you  for your submission, your message was submited successfuly, we will contact you within 24 hours!