反応性メソゲン粒子の概要

Facebook
Twitter
LinkedIn

反応性メソゲン粒子 (RM) は、硬いコアと反応性末端基を持つ重合可能な液晶 (LC) モノマーです。 低分子質量 LC に使用されるのと同じアプローチを使用して、RM を整列させることができます。 光開始剤と紫外線の存在下で、末端基が重合し、他の末端基とフィルムを形成します。

その結果、RM分子の配向は「固定」され、フィルムは複屈折を保持します。 この並外れた特性により、偏光子、カラーフィルター、リターダー、その他のデバイスなどの光アクチュエーターの有望な材料として魅力的です。 反応性メソゲンは、自己組織化、異方性光学、および誘電特性などの液晶固有の特性を持っています。

それにもかかわらず、液晶配向と異方性特性を保持しながら、固体材料に重合することができます。 RM 材料のメソゲン特性と重合により、多種多様な用途が生まれました。 液晶ディスプレイ (LCD) と有機発光ダイオード ディスプレイ (OLED) はどちらも、反応性メソゲン粒子で構成される機能性フィルムを必要とします。 それらは、これらのディスプレイの画質を大幅に向上させます。

For more LCD and OLED chemicals, please visit: oled intermediates and lcd intermediates.

反応性メソゲン化学物質-

RM257 CAS NO. 174063-87-7

R6M RM82CAS NO .125248-71-7

RM23 CAS NO .83847-14-7

RM 105CAS NO .82200-53-1

 

RM257について詳しく見ていきましょう

RM257 はネマティック液晶モノマー (67 ~ 130 °C) であり、電場によって配向させることができます。 この分子は、長さの比率が 4:1 で、棒状の構造をしています。 その長い軸は曲げやすく、ある程度の剛性があります。 さらに、分子末端は極性基または分極性基で構成され、分子を整然とした配向に保ちます。

バックフロー効果とは、LCD における傾斜角の変化とフロー効果の複合的な影響を指します。 電圧印加垂直配向液晶ディスプレイ(VA-LCD)では、逆流効果はオプティカルバウンス(OB)として示されます。 OB 現象は応答時間を大幅に増加させ、迅速な応答速度が要求される LC デバイスでの VA-LCD の使用を制限します。

重合中の OB 現象を排除するために、少量の二官能性直鎖状ポリマー モノマー RM257 を VA-LCD に使用できます。 その結果、迅速な反応速度が得られる。 少量の RM257 は飽和電圧を上昇させ、明状態の透過率を低下させます。

ポリマーモノマーを使用した VA-LCD は、幅広い用途に不可欠な単純な製造プロセスを提供します。 VAセル内のポリマーモノマーは、重合後に多くの垂直配向繊維を形成します。 これは、電界の適用中に LC 分子に対して特定の固定効果をもたらします。 さらに、LC 分子の水平方向の流れもブロックできます。 したがって、逆流の影響は排除されます。

RM257CAS NO. 174063-87-7

rm257 174063-87-7

研究室紹介

Play Video about daken chem labratory

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!
Scroll to Top

Thank you  for your submission, your message was submited successfuly, we will contact you within 24 hours!