知っておくべき電子化学物質の種類

Facebook
Twitter
LinkedIn

私たちが知っているように、多くの新しい電子製品が市場に出ています。 たとえば、ラップトップは軽く、携帯電話の画面はより鮮明で大きくなります。 しかし、電子の発展を何が生み出すのか考えたことはありますか? チップ、新材料、電子化学品の著しいブレークスルーが、急速な成長の主な理由です。 この記事では、主に電子化学品の種類の導入について説明します。

Electronical Chemicals (1)

電子化学産業の展望

調査によると、電子化学品の市場規模は2020年の481億ドルから2025年には643億ドルに増加すると予測されています。 また、マイクロエレクトロニクスおよびチップ産業の発展は、電子化学品の市場規模の拡大にも役立ちます。 

電子化学品とは

電子化学品は、導体部品を製造するための化学薬品である。 電子化学品には、半導体材料、磁性材料、中間体など、多くの種類があります。 そして、それらの形態は固体、液体、および気体から変化する。 

電子化学品の種類は何ですか?

エレクトロニクス産業で使用される化学薬品および材料の主な種類は、特殊ガス、CMPスラリー、フォトレジスト、導電性ポリマー、湿潤化学薬品、酸、塩基、および溶媒、およびウェーハおよびラミネートなどの電子材料である。 完成した電子製品によると、化学物質のさらなる処理は異なります。 

どの国が最大 ですか電子化学品 市場?

市場調査によると、世界の電気化学品市場規模は過去5年間で急速に成長しました。 そして、今後数年間で9.67%の増加があります。 そして、米国は電気化学薬品の最大の消費量です。 欧州・アジア諸国は、米国から半導体を輸入し、製品を組み立てる。 

アジア諸国は電子化学品の量が最も多く、中国はPCB生産において最大のシェアを持っています。 

主に 高性能材料、カスタム合成などを製造しています。 私達のプロダクトを訪問するここをクリックして下さい:https://www.dakenchem.com/products/

半導体製造における化学物質とは

私たちは半導体を集積回路またはマイクロチップと呼んでいます。 それらの材料は、通常、シリコンまたはゲルマニウムおよび化合物などの純粋な元素である。 化学物質の主な目的は、材料の導電性を向上させることです。 通常、半導体製造のための物質は、溶媒および酸および塩基の化学のような液体である。 

電子化学品

ダケンケムについて

河南大研化学有限公司は、1983年6月に開始しました。 私たちは38年のファインケミカル合成の歴史を持っています。 Dakenには27人の若い技術チームがあり、その中には博士号を持つ6人、化学の修士号を持つ9人がいます。 Dakenは、国または省レベルで61のプロジェクト、29の特許、116の論文、および政府による12の賞を持っています。 研究開発は Daken のバックボーンです。 合成化学の重要な課題に対するシンプルで革新的な解決策を見つけるために、経験豊富で若くて熱心な研究チームを適切に組み合わせてください。

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!
Scroll to Top

Thank you  for your submission, your message was submited successfuly, we will contact you within 24 hours!