紫外線反応性メソゲンとその応用とは?

Facebook
Twitter
LinkedIn

反応性メソゲンは、紫外 (UV) 光照射下で相互に重合可能な反応性末端基を含む液晶メソゲンです。 そして、液晶ディスプレイ(LCD)や有機発光ダイオードディスプレイ(OLED)などのディスプレイデバイスで広く使用されています。 ディスプレイの画質を向上させるのに役立ちます。 この投稿では、Uv 反応性メソゲンについて紹介します。

フィルム構造

反応性液晶光学フィルムの利点は何ですか?

伝統的 光学フィルム 主に、一軸または二軸に延伸されたポリマーでできています。 本来、ランダムに配置された等方性の分子軸は、伸びる方向に沿って異方性に偏向され、異なるアプローチの発生率が変化します。 位相遅れ現象とは、光の進行速度が異なる現象です。 これは、光の位相を調整または補正するために使用できます。

BLUとは何ですか?

バックライト ユニット (BLU) は、LCD の背面に光源を提供する重要なコンポーネントです。 LCD パネル自体には光の特性はありません。 したがって、表示効果を実現するには、LCD パネルに光源を追加する必要があります。 LCDバックライトモジュールのメインは、バックライト、光学フィルム、接着製品、絶縁製品、プラスチックフレームなどで構成されています。

BEF光学フィルムとは?

輝度向上フィルムは、光回復メカニズムを備えた反応性コレステリック反射偏光子 (CRP) です。 コレステロール液晶は、本来らせん構造です。 そのらせん構造は光重合によって破壊されません。 入射光が入ると、入射光の半分(円偏光)がスパイラルデザインに沿って結合します。 残り半分は逆回転で反射。 これは、いわゆる (円) 偏光選択性です。 そのため、偏光変換フィルムとして使用されることもあります。

偏光フィルムとは?

偏光フィルムはヨウ素系偏光フィルムである。 その製造プロセスは、透明な PVA フィルムがヨウ素イオンを吸収し、一軸方向に延伸して偏光メカニズムを付与することです。 ただし、PVA は水を飲みやすいため、保護、コスト、および製品の厚みのために、TAC フィルムを 2 層追加する必要があります。
これに対し、異方性反応性液晶に二色性色素を添加した塗布型薄膜液晶偏光フィルムは、工程が簡単で厚みが薄いだけでなく、インセル偏光子としても使用できます。 さらに、多層界面の光干渉を解決し、光効率を向上させます。

反応性メソゲンにはどのような化学物質がありますか?

当社Daken Chemは、中国のプロの電子化学品サプライヤーです。 反応性メソゲンのために私たちが持っている化学物質は RM82, RM257, etc. より多くの紫外線反応性メソゲン化学物質については、こちらをご覧くださいhttps://www.dakenchem.com/ja/%e5%8f%8d%e5%bf%9c%e6%80%a7%e3%83%a1%e3%82%bd%e3%82%b2%e3%83%b3/.

研究室紹介

Play Video about daken chem labratory

 

下記のお問い合わせフォームからご連絡いただければ、24時間以内に折り返しご連絡いたします。

     

     

    関連記事

    光学フィルムについて: 知っておくべきいくつかのこと

    ポリイミド合成についてどれだけ知っていますか

    OLED化学物質について:あなたはどれだけ知っていますか?

    関連記事

    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。

    error: Content is protected !!
    Scroll to Top

    Thank you  for your submission, your message was submited successfuly, we will contact you within 24 hours!