補綴物3D印刷材料:LCE

Facebook
Twitter
LinkedIn

間違いなく、3Dプリンティングは現存する中で最も印象的で急速に進化する技術の1つです。 これは、材料の連続したレイヤーを追加することによって、3Dオブジェクトの構築を可能にします。 このプロセスでは、プラスチック、金属、さらには生細胞など、さまざまな材料を使用できます。 補綴物は、従来の補綴物よりも安価で軽量で個別化されていることが多いため、3D印刷に特に興味深い用途の1つです。 この記事では、義肢装具用途で最も人気のある3D印刷材料のいくつかを見ていきます。

一般的な 補綴物3D印刷 材料は何ですか?

LCE、または光硬化性エラストマーは、補綴物用途に使用される最も一般的な3D印刷材料です。 多くの補綴物用途に不可欠な柔軟性と強度のバランスが取れているため、これらの材料は頻繁に使用されます。 LCE は、多くの場合、3D プリントが非常に簡単で、さまざまな 3D プリンタと互換性があります。

補綴物3D印刷材料の利点は何ですか?

補綴物におけるLCEの使用には多くの利点があります。 すでに述べたように、柔軟性と強度のバランスがとれています。 したがって、幅広い補綴物用途に最適です。 LCEは通常、3Dプリントが非常に簡単で、補綴物の製造をはるかに簡単かつ効果的にすることができます。

LCEを義肢に適用する際の難しさにはどのようなものがありますか?

LCE の補綴物 を使用することには、いくつかの困難が伴います。 LCE は、3D プリンターのベッドから取り外すのが難しい場合があり、これは 1 つの困難さを提示します。 さらに、LCEは砂や仕上げが困難な場合があり、滑らかで磨かれた補綴物を製造することが難しくなります。

LCEは、柔軟性、強度、および3D印刷のシンプルさの組み合わせにより、これらの困難にもかかわらず、補綴物用の最も広く使用されている3D印刷材料の1つです。 LCEは、補綴物を3Dプリントする予定がある場合に考慮に入れるべき材料であることは間違いありません。

LCEはどのような液晶から出ているのですか?

液晶は、通常、LCEを作成するために使用されます。 液晶と呼ばれる物質には、液体と固体の両方に何らかの特徴があります。 3Dプリンティングで頻繁に使用されるのは、溶融して固化するのが簡単で、目的に最適です。 さらに、さまざまな3Dプリンティングアプリケーションは、液晶が有する幅広いユニークな特性の恩恵を受けることができます。 たとえば、一部の液晶は透明であり、透明なオブジェクトを3D印刷するときに有利です。

補綴物にはどのような追加材料が使用されますか?

補綴物には他にもいくつかの材料が時折使用されていますが、LCEははるかに典型的です。 金属、プラスチック、さらには生細胞さえもが追加の材料として使用されています。 しかし、これらの材料のそれぞれには固有の問題と欠点があり、補綴物用途にはLCEよりも適していません。

従来の補綴物は、多くの場合、3D プリントされた義肢よりも高価で、重く、個別化されていません。

液晶は、通常、LCEを作成するために使用されます。 液晶と呼ばれる物質には、液体と固体の両方に何らかの特徴があります。 溶融固化が簡単なため、3Dプリンティングで頻繁に使用されます。

研究室紹介

Play Video about daken chem labratory

関連記事

3Dプリンティング医療用インプラント材料の概要
3Dプリンティング技術。知っておくべきこと
LCEを3Dプリントする。包括的なガイド。
液晶エラストマーによる3Dプリンティング:反応性メソゲン
3Dプリンティング材料:LCES
3Dプリントエラストマー:用途と未来
先進3Dプリンティング材料の新時代の開拓

お問い合わせ

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!
Scroll to Top

Thank you  for your submission, your message was submited successfuly, we will contact you within 24 hours!