3Dプリンティング医療用インプラント材料の概要

Facebook
Twitter
LinkedIn

3Dプリンティング医療用インプラントの実践は人気を集めています。 これにはいくつかの原因があります:医療用インプラント材料 3D印刷で使用できる医療用インプラント材料はますます増えており、3Dプリンタは各患者に合わせてカスタマイズされたインプラントを作成できるため、より良い結果をもたらします。 3Dプリンタで現在使用されているさまざまな医療用インプラント材料については、この記事で説明します。

3Dプリンティング医療用インプラント材料の概要

 

医療用インプラントはどのように機能しますか?

医療用インプラントは、欠損または損傷した身体部分をサポートまたは交換するために体内に挿入される装置です。 金属、ポリマー、セラミックス、複合材料は、それらを作成するために使用できる材料のほんの一部です。 医療用インプラント用材料

以下は、最も人気のある医療用インプラントの一部です。

– 合成ヒップ

– 膝の再建

-豊胸手術

– 心臓のためのペースメーカー

人工内耳

医療用インプラントにはどのような材料が利用されていますか?

用途に応じて、医療用インプラントにはさまざまな材料を使用できます。 医療用インプラントに使用される最も一般的なコンポーネントは次のとおりです。

-チタン: 医療用インプラント、強くて軽量な金属であるチタンを頻繁に使用します。 それは感染のリスクが低く、生体適合性があり、それは体がそれを拒否しないことを意味します。

-ステンレススチール: この物質はまた、医療用インプラントを作るために頻繁に使用されます。 さらに、体内で腐食せず、強力で長持ちします。

-コバルトクロム コバルトクロムは、劣化に強い硬くて弾力性のある金属です。 これは、頻繁に関節置換術に使用されています, 股関節や膝のものを含みます.

-ポリエチレン: 医療用インプラントに使用されるプラスチックの一般的な形態はポリエチレンです。 それは携帯性があり、感染に罹患するリスクが低い。

-ピーク: PEEKは、プラスチックの堅牢で長持ちする形態です。 脊椎インプラントでは、頻繁に使用されます。

-陶芸: 焼成・冷却された鉱物は、セラミック材料の作成に使用されます。 彼らは感染のリスクが低く、生体適合性があります。

LCEが体内のインプラントのための最先端の材料であるのはなぜですか?

LCEと呼ばれる医療用インプラント材料には、従来のインプラント材料よりも多くの利点があります。 次のように:

LCEは強力でありながら軽量であるため、医療用インプラントでの使用に最適です。

-生体適合性: LCEは生体適合性であるため、体はそれらを拒絶しません。

– 感染の低リスク: LCEは、感染のリスクが低いため、医療用インプラントにとって安全な選択肢です。

-カスタマイズ: LCEは、各患者の固有のニーズに合わせて調整できるため、医療用インプラントに最適です。

LCEベースの医療用インプラントの例にはどのようなものがありますか?

LCEを利用する医療用インプラントには、以下のものが含まれます。

– 脊椎癒合

– 交換用ヒップ

– 膝の再建

-豊胸手術

人工内耳。

LCEは医療用インプラントでどのような役割を果たしますか?

LCEは、多くの異なるインプラントに使用できる医療用インプラント用の材料です。 LCE の最も一般的な用途のいくつかを次に示します。

– 脊椎インプラント:その寿命と強度のために、LCEは脊椎インプラントで頻繁に利用されています。

LCEは、股関節置換術に頻繁に利用されます。

研究室紹介

Play Video about daken chem labratory

関連記事

LCEを3Dプリントする。包括的なガイド。
3D印刷材料:LCES
カスタム合成サービス:あなたのためのいくつかのヒント
カスタム合成のサプライヤーを見つけるには?
カスタム合成サービス 中国 Dakenchem Chemical
化学業界のニーズに応えるカスタム合成のサプライヤーを探す
カスタム有機合成:あなたが知る必要があるすべてのもの

お問い合わせ

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!
Scroll to Top

Thank you  for your submission, your message was submited successfuly, we will contact you within 24 hours!