3Dプリンティング技術。知っておくべきこと

Facebook
Twitter
LinkedIn

3Dプリンター技術は、印刷の未来です。 デジタルモデルから立体物を作成するものです。 この新しい技術は、すでに義体の部品や眼鏡、医療用インプラント、さらには食品を作るのにも使われているんですよ。 しかし、3Dプリンティング技術とは何でしょうか? どのように機能するのですか? また、このような印刷を使うことのメリットは何でしょうか? 今回のブログでは、3Dプリンターに関するあらゆる疑問にお答えします!

3Dプリンティング技術

3Dプリンターとは?

3Dプリンターは、積層造形技術の一種で、材料を何層にも重ねて造形物を作る技術です。

3Dプリンターの歴史。

3Dプリンターは、1980年代に光造形であるSLA(Stereolithography)から始まりました。 感光性樹脂を紫外線(UV)レーザーで1層ずつ硬化させ、必要な形状を作り出します。 SLAは当時としては画期的な技術であったが、かなり時間がかかり、コストも高い。 その後、3Dプリント技術の進歩は目覚しく、選択的レーザー焼結(SLS)、溶融積層造形(FDM)、インクジェットプリント、粉末床溶融など、さまざまなプロセスが開発された。

3Dプリンターのメリットは何ですか?

最近では、航空宇宙から医療まで、さまざまな産業で3Dプリンターが活用されています。 従来の製造方法に比べ、リードタイムの短縮、コスト削減、設計の自由度向上、持続可能性の改善など、多くのメリットがあります。 今後、技術の発展とともに、3Dプリンターが製造業の未来に果たす役割はますます大きくなっていくと思われます。

3Dプリンターの仕組みは?

3Dプリントは、デジタルファイルから立体物を作るプロセスです。 ファイルを読み込んだプリンターは、プラスチックや金属などの素材を次々と積層し、オブジェクトを作り上げていきます。 各層の厚さは一般に数ミクロンで、1ミクロン程度の薄さのものもある。 LCE(液晶ディスプレイ)は、ビルドプラットフォームに噴射されるインクの浮遊液滴を制御するために使用されます。 LCEは、電荷を帯びた液滴を反発させたり引き付けたりする電界を作るために、急速にスイッチのオン/オフを繰り返す。 これにより、プリンターはインク滴を必要な場所に選択的に配置し、目的のオブジェクトを作成することができます。 印刷する物の大きさや複雑さによって、数分から数時間かかることもあります。

3Dプリンターで使うべき化学材料は?

3Dプリンターは、急速に発展している技術であり、産業や製造業において幅広い応用が期待されています。 3Dプリントの材料を選ぶ際に重要なのは、どのような化学物質を使うかということです。 柔軟性と強度を併せ持つ液晶エラストマーなど、さまざまな選択肢がある。 その他、PLAやABSといった素材も3Dプリントによく使われます。 最終的に、最適な素材は、特定の用途と望ましい結果によって決まります。 しかし、液晶エラストマーは、多くの3Dプリンティング用途で有望な選択肢となっています。

このブログ記事が、3Dプリント技術探しのお役に立てれば幸いです。 Daken Chemは数年来、LCEsの材料に従事しています。
連絡先
!

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!
Scroll to Top

Thank you  for your submission, your message was submited successfuly, we will contact you within 24 hours!