OLED中間体とLCD中間体の違い

Facebook
Twitter
LinkedIn

有機発光ダイオード (OLED) 技術は、消費者と専門家の両方から世界で広く認められている最高のディスプレイ パネルを製造するために利用されています。 これらのエミッシブ ディスプレイは、薄くて効率的であるだけではありません。 また、これまでで最高の画質を提供します。 この記事では、OLED 中間体と LCD 中間体の違いについて説明します。

OLED中間体とLCD中間体の違い

OLED ディスプレイは、柔軟、折り畳み可能、透明、巻き取り可能、伸縮性があります。 OLEDは未来のディスプレイ技術です!

2022 年までに年間 10 億枚を超える OLED パネルが生産されると推定されています。

一連の有機薄膜を 2 つの導体の間に配置して、OLED ディスプレイを作成します。 電流が流れると明るい光が放たれます。 以下は、OLED と LCD 中間体の比較です。

OLED の正孔注入層 (HIL) としてのポリアニリン

ポリアニリン (PAni) は、HIL として効率的に使用でき、一般的に使用される PEDT よりも優れた機能の組み合わせを備えています。 市販の水性 PAni 分散液の粒子サイズは約 35 nm、横方向の導電率は 10-6 S/cm に近く (堆積および乾燥時)、最終デバイスの発光性能統計は少なくとも PEDT と同等です。 多くの場合、最大 30% 効率的です。

PAni は、初期の商用デバイスでは信頼できる HIL とは見なされていませんでした。 その後、体系的なアプローチが導入され、スピンコーティングまたはインクジェットを介してHILとして展開される水ベースのナノスケールの安定したPAniシステムが開発されました。

ナノスケールの水分散性ポリアニリン パウダーの作成により、ITO に適用して容易に使用できる、長期にわたる凝集のない HI システムが得られます。 乾燥した PAni 層は、PEDT よりも導電率が低くなります。 したがって、パッシブ マトリクス ディスプレイでのクロストークを回避します。 ITOアノードとポリマーエミッターの間の注入障壁の減少は、間違いなくPEDTを超える最も印象的な機能強化です。 PAni を HIL として使用すると、黄色、青色、および緑色の発光ポリマーのデバイス性能を大幅に向上させることができます。 予備実験によると、PEDT の代わりに PAni を使用しても寿命は短くなりません。

CAS NO .25233-30-1

OLEDおよびLCD中間体
OLEDおよびLCD中間体

液晶ディスプレイ (LCD) は、主に液晶で動作するフラット パネル ディスプレイです。 液晶の電気光学特性を利用して、電気刺激を視覚信号に変換します。 偏光は、これらのディスプレイの機能に使用される現象です。 LCD は、低コスト、低消費電力、許容可能な表示特性を独自に組み合わせて提供します。

液晶配向膜用ポリイミド

AM-TN LCD の製造には、均一で欠陥のない LC 配向を提供する LC 配向膜の使用が必要です。 LC 配向膜は、さまざまな有機および無機材料でテストされました。 ポリイミド (PI) は、耐熱性、化学的安定性、機械的強度の点で、液晶配向膜に最も適した材料の 1 つです。

カラーフィルターを備えたフルカラー LCD を作成するには、250°C を超える硬化温度を必要とする従来の PI 材料は適していません。 カラーフィルターの染料や有機顔料は200℃以上では不安定になるためです。 カラーフィルター付きカラー液晶ディスプレイには、200℃以下で硬化するPI配向シートが必要です。 合成された有機溶媒可溶性PIは、N-メチルピロリドンやg-ブチロラクトンなどの有機溶媒に可溶です。

これらの PI のユニークな性質により、溶媒を蒸発させるだけで 200°C 未満の低温で硬化できます。 さらに、可溶性 PI の一方向配向、プレチルト角、および VHR の特性に関する知見は、可溶性 PI がアクティブ マトリックス ディスプレイの LC 配向膜に適していることを示唆しています。

TFMB CAS NO. 341-58-2

6FDA CAS NO. 1107-00-2

AB-TFMB CAS NO. 1449757-11-2

2-メチル-1,4-フェニレンビス(4-(3-(アクリロイルオキシ)プロポキシ)ベンゾエート)の特徴

カラム相は、次の特徴を持つ RM257 液晶モノマーによって支配されています。

  • 分子の長さの比率は 4:1 で、棒状の構造です。
  • 分子末端は極性基または分極性基で構成され、分子を整然とした配向に保ちます。
  • 分子の長軸は曲がりやすく、ある程度の剛性があります。

RM257 CAS NO. 174063-87-7

関連する化学物質

1) (4-ヒドロキシフェニル)ボロン酸 CAS NO.71597-85-8

2) 1-ブロモ-4-(ブタ-3-エン-1-イル)ベンゼン CAS NO.15451-32-8

3) (3-fluoro-4′-pentyl-[1,1′-biphenyl]-4-yl)boronic acid CAS NO.163129-14-4

4) 1-エトキシ-2,3-ジフルオロベンゼン CAS NO.121219-07-6

5) 1-ブトキシ-2,3-ジフルオロベンゼン CAS NO.136239-66-2

研究室紹介

Play Video about daken chem labratory

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!
Scroll to Top

Thank you  for your submission, your message was submited successfuly, we will contact you within 24 hours!