PDLCフィルム。PDLCフィルムとは何か、どのように機能するのか?

Facebook
Twitter
LinkedIn

液晶はかなり以前から存在し、さまざまな用途に使われている。 しかし、高分子分散型液晶フィルムは比較的新しい開発であり、多くの用途が期待されている。 今回は、PDLCフィルムとは何か、どのような仕組みになっているのかを紹介する。 また、PDLCフィルムが現在使用されているアプリケーションを紹介し、このエキサイティングな技術の将来のアプリケーションの可能性を探ります。 DakenChemは、PDLC合成のプロフェッショナルなサプライヤーです。この記事では、PDLCフィルムとは何か、どのように機能するのかについて説明します。

PDLCとは?

液晶は通常ネマチックであり、長距離の配向秩序を持つが、位置秩序はないことを意味する。 ポリマーマトリックスにはさまざまな材料が使われるが、最も一般的なのはポリビニルアルコールである。 液晶滴は、通常、直径が約0.05〜0.15ミリメートルで、互いに約0.25〜0.50ミリメートルの間隔をあけて配置されている。

PDLCフィルムは、通常、電圧がかかっていない状態では透明ですが、電圧をかけると液晶が整列して光が散乱し、不透明なフィルムになります。 また、印加する電圧を変えることで散乱量を制御できるため、PDLCフィルムはエレクトロクロミックデバイスに最適な材料といえます。 電圧を切ると、液晶は元の配向に緩和され、フィルムは再び透明になる。

PDLCフィルム

PDLCはどのような用途に使われるのですか?

PDLCフィルムは、そのユニークな特性から様々な応用が期待されています。 スマートウィンドウやプライバシースクリーン、エレクトロクロミック材料としての利用が検討されています。 さらに、レーザーのモードロック材料やセンシング材料としても利用できる。

PDLCフィルムは、光の散乱を制御できることから、多くの応用が期待されています。 スマートウィンドウは、その応用例の一つです。 電圧をかけることで、窓を透過する光の量を制御することができる。 これを利用すれば、建物内に伝わる熱量を減らすことができ、省エネにつながる可能性があります。 さらに、PDLCフィルムはプライバシースクリーンに使用することも可能です。

また、PDLCフィルムはエレクトロクロミック材料としても研究されている。 エレクトロクロミック材料は、印加する電圧によって光学特性が変化する材料である。 電圧に反応して透明にも不透明にもできるため、エレクトロクロミック材料としての利用が期待されている。 さらに、レーザーのモードロック材料としても利用できる。

DakenChem.について

DakenChemは経験豊富なPDLC材料メーカーです、あなたが探している場合
PDLC材料
をお探しなら、すぐに私たちに連絡して、専門的なアドバイスを提供してください。

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!
Scroll to Top

Thank you  for your submission, your message was submited successfuly, we will contact you within 24 hours!