TFMBサプライヤーTFMBのことをどれだけ知っていますか?

Facebook
Twitter
LinkedIn

モノマーに高張力や上位安定性の機能を求めている場合でも、TFMBはTFMBサプライヤーから得られるすべてのニーズを満たすのに適しています。

この化学物質は、生活のあらゆる分野で幅広く使用されているため、さまざまな産業で購入される傾向にあります。 その一方で、その機能を知らずに無視している人もいます。 その結果、より顕著な優位性を得ることができないのです。

このモノマーを知らない人はいないでしょう。 この貴重なトピックに関する完全な記事を編集しましたので、それに関する知識を得るためにどこかに行く必要はないというのが、最高のポイントです。

では、さっそく始めましょう

TFMBとそのアプリケーションとは?

分子量320.23の潜在的な化学モノマーである。 特殊化学品や機能性材料を必要とする場合、このモノマーを組み込むことでその形成が実現します。 以下に、そのアプリケーションを深く分析し、いくつかの産業におけるその優位性についてご紹介します。

  • まず、芳香族ポリの特性は、TFMBで強化されます。
  • ポリイミドフィルムの製造において、TFMBは専門家の間で活用されている。 そして、ノートパソコンや携帯電話、パソコンなどに使われている感光材を対象としています。
  • 次に、TFMBの配合により、液晶層の配向も可能です。
  • 溶解性、耐熱性を向上させるために、ポリイソイミドの材料に使用されています。
  • また、ポリイミドエアロゲルにもTFMBを配合し、安定強度を高めている。

TFMBのCAS NOと構造について教えてください。

反応性化学物質を購入する際には、必ずCAS番号とTFMBサプライヤーを熟知しておく必要があります。 そのため、TFMBのCAS番号について知っておく必要があります。 ご参考までに、CAS No.341-58-2について調べてみました。 このモノマーの別名は、2,2′-Bis (Trifluoromethyl) Benzidineです。 さらに、このパワーの外観は薄いオレンジ色をしています。

しかも、その構造は非常に硬質で直線的です。 そのリニアな特徴から、ポリイミドの熱膨張係数を下げるために使用するプロも多い。 それ自体に2つのCF3が含まれています。 さらに、電子吸引性グループに属している。

TFMBを形成するには?

TFMBの形成は実験室でしかできない。 素人が家庭で手軽に製造することはできない。 化学者の資格を持っている人は、この分野の学位を取得します。 次に、異なる化学物質を反応させてTFMBを調製する実習を行う。 従って、このモノマーは有名な化学製造会社から購入することをお勧めします。

Dakenchem社は、中国に拠点を置くTFMBのサプライヤーです。 このモノマーが必要なときは、迷わずこの会社に相談すればいい。 質の高い製品をお届けしています。 このサプライヤーを選ぶ一番のメリットは、世界中にその製品を提供していることです。 自宅や店舗、研究所でTFMBが必要な場合、指定された住所で供給してくれる。 それから、TFMBの価格も非常にリーズナブルであることを確認してください。

さて、いよいよ出発です。お客様の業界に合わせてTFMBなどの具体的な製品を選び、ダーケンケムに連絡し、素早く注文してください。

研究室紹介

Play Video about daken chem labratory

その他の製品については、製品ページでご覧ください: https://www.dakenchem.com/products/

関連製品

ポリイミドの紹介とモノマープロセス

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!
Scroll to Top

Thank you  for your submission, your message was submited successfuly, we will contact you within 24 hours!